玉田工業株式会社

新卒エントリー

INTERVIEW 3

社長のものづくりへの
熱意に惹かれて入社。

技術部 寺田 直城

2011年入社 放送大学 教養学部 卒業

ひらめきを求めて、考え、学びつづける。

 子どもの頃からものづくりが好きで、高専時代は機械工学を学びました。玉田工業を志望したのは、先生の勧めがあったことと、会社説明会で玉田社長のビデオメッセージを見て、ものづくりへの熱意が伝わってきたことが大きかったですね。「失敗してもいいから前向きに」という社長の言葉が強く心に響き、ぜひ、この会社で仕事をしたいと思いました。
 入社後は技術部で地下タンクの図面を作成する仕事から始め、2年目からは大学との共同研究で、飲料水兼用の貯水槽の開発などに携わりました。現在は、全く異なった新分野、プラズマ装置の技術開発を進めています。

寺田 直城

 仕事でのやりがいは、簡単ではない課題に取り組んでいて、あるとき、これならできるという、ひらめきが生まれたとき。ときには失敗もありますが、そんなときには失敗を謙虚に認め、より良いものにリカバーしていくことが大切だと考えています。お手本にするのは優れた知見を持ち、経験を積んだ尊敬できる先輩技術者たち。その仕事ぶりをそばで見ることが、一番の勉強になると思っています。
 でも、ものづくりは技術者だけで完成するものではなく、全社一丸となってはじめてできること。また、何をするにも最初はわからないことばかりです。私自身、製造の現場でも仕事をしてみたいという思いがあります。なぜなら、机上では分からないことが、もっと見え、より良いものづくりに反映できると思うからです。前向きに学びながら物事に取り組めば、必ず自分の力になり、人として成長できる。それが玉田工業で働く良さだと思います。

寺田 直城