事業案内

事業案内 Business

試験設備

超高温10,000℃を生み出す多相交流アークプラズマ装置

多相交流アークプラズマ装置は、熱プラズマの中でもエネルギー効率が高く、プラズマ体積が大きい、処理物質の滞留時間が長いといった利点を持ち、材料プロセシングに適した装置と評価されています。
当社に設置されている試験装置で、材料の溶融・球状化、ナノマテリアルの生成等といったような委託実験を受け付けておりますので、お問い合わせください。


多相交流アーク アルゴン100% 12相・φ100・100A
多相交流アーク アルゴン100% 12相・φ100・100A
温度測定中
温度測定 ※1
プラズマ処理前
プラズマ処理前
プラズマ処理後
プラズマ処理後
※1:平成30年度戦略的基盤技術高度化支援事業
九州大学 大学院工学研究院 化学工学部門 渡辺研究室 共同研究

タマダのSF二重殻タンク等の高品質体制

試験室内100KN型万能試験機

FRPは、スチ-ルと異なり製造時の人的要因によるバラツキが比較的発生し易い。
そのため SF二重殻タンクの製造に於いてはFRPの品質管理を如何に管理するかが重要なポイントとなります。

弊社では品質第一をモット-に万能試験機等によるFRPの試験を定常的に行い、常に品質管理された製品を送り出し、高品質の維持に努めています。


FRP引張試験の様子
FRP引張試験の様子1

FRP引張試験の様子2
FRP曲げ試験の様子
FRP曲げ試験の様子1

FRP曲げ試験の様子2

アイコン

このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。
COPYRIGHT © 2021 TAMADA CORPORATION All Right Reserved.