事業案内

事業案内 Business

油中ポンプ

経済性

・計量機に内蔵していた、ポンプモーターを地下タンク内へ移したことにより、給油設備のトータルコストを削減します。
・効率の高いモーターの使用により、これまでより多くの吐出量、高い吐出圧力を生みだします。

安全性

・配管の漏洩検知時には、モーター緊急停止や吐出量を微量に制限します。
・ポンプモーターの過熱検知時には電流を遮断します。
・地下タンク内の在庫量を検知してポンプモーターの空運転を防止します。
・ポンプモーターの過負荷や過電流、漏電などの検知時にはモーターを緊急停止します。
・チェック弁にはリリーフ弁が内蔵してあり、配管圧力の上昇時にも、ディスペンサーや配管を保護します。
・油の中の気泡はマニホールド内で収集されタンクに戻ります。
・モーター内部を常に油が通過し、冷却と潤滑を行いロングライフを保証します。

便宜性

・従来4メートルだった楊程が30メートル(ガソリン柱)に、配管長は30メートルから60メートルへ拡大され、設計レイアウト、埋設工事が自由になります。
・点検時にはタンク上部の作業となり、アイランドを閉鎖することなく、営業上も有利です。


アイコン

このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。
COPYRIGHT © 2021 TAMADA CORPORATION All Right Reserved.