事業案内

オイルタンクガード<プレキャスト組立方式>

単純施工!PC鋼材を用いた緊張作業や、グラウト圧送などの特殊な工法、機材は必要ありません! プレキャスト工法による現場組立式コンクリート基礎です。
従来の現場コンクリート打ち施工に比べ現場施工を最小限とすることで、大幅な工期短縮と事故リスクの低減を実現しました。
プレキャストならではの高品質と耐久性を確保しております。また、分割式を採用することにより大型タンクにも対応可能です。
従来の施工方法では、こんな不安が…1)気象の影響で、掘削状態が続く。2)掘削穴の崩壊。3)掘削穴への転落。4)季節によるコンクリートの品質悪化。

工期短縮

  1. オイルタンクガードは、5日での施工が可能。(オイルタンク設置・埋め戻し・配管設置含む)
  2. 従来の現場打ちコンクリートによる施工に比べ約1/8の躯体工期となり、全体工期の大幅な短縮が可能。

施工手順

施工手順フロー図

凡例図

規格一覧表


アイコン

このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。
COPYRIGHT © 2021 TAMADA CORPORATION All Right Reserved.